ウーマン

いぼの悩みを解消する|醜悪なブツブツを完全消滅

ウイルスとの付き合い方

顔の手入れ

感染経路とは

いぼはただの皮膚の盛り上がりなのではなく、実はヒト乳頭腫ウイルスと呼ばれるウイルスが傷口から皮膚内に侵入して起きるものである。通常であれば自然と治る場合が多いのだが、稀に悪性の場合もあるため早めに治療を行うのが一番である。ウイルスによる感染で起きる為、他の人に感染する可能性もあるので見つけ次第早めの治療を行いたいものである。一番最初に出来るいぼのことを親いぼと呼び、いわゆるボス的な存在に当たるので他に小さな子いぼが出来たりなかなか治らないのは親いぼをやっつけていないからである。再発を防ぐためにも親いぼの除去は欠かせないのである。どういった感染経路で皮膚に侵入してくるのかはわかっていないが、周りにいぼが出来た人が居たり、免疫力が落ちていたりすると感染しやすくなる。皮膚が弱くなっている部分にも出来やすくなるので、皮膚を健康に保つためにも常に清潔にすることを心がけ、衣類の摩擦や紫外線にも日頃から気を付ける必要がある。顔や手足、ひじや膝などに出来やすいのはこれらの部位の皮膚は薄く、傷つきやすいからである。家族間ではタオルの共有などで感染することがあるので、いぼが出ている時は共有するものを減らすことも必要である。

病院を受診する

いぼは昔から人々の悩みの種とされ、民間療法での治療もいくつか存在するのである。ひまし油に重曹を混ぜたもの、または杏仁オイルをいぼに綿棒などで乗せるように付けているといぼが小さくなり自然と取れるようになると言われている。いちじくの葉から絞った汁や果実のエキスをいぼに塗るとかさぶたのようになり取れるとも言われている。また、市販薬では塗り薬の他にも絆創膏のように貼って除去するタイプもある。いぼの大きさや出来る場所によっても選ぶ治療法は変わってくるが、下手にいじってしまうとそこから皮膚の広い部分まで感染が拡大してしまうことがある為むやみに触らない方が良い場合もある。治らなかったり再発するようであれば、病院での除去をすることになる。病院ではレーザーや内服薬、液体を塗って取る方法があり、手軽に早く綺麗に除去したい場合は病院のほうが安心できる。ただ、市販薬よりも高額になるので受診を躊躇う人も少なくないが、ウイルス感染という病気の一種になる為、保険が効く場合もあるので相談してみることも必要である。市販薬ばかり買って試しては効果が感じられないという状態が続くよりは病院ですぐに治療を始めた方が良い場合もあるのである。