ウーマン

いぼの悩みを解消する|醜悪なブツブツを完全消滅

皮膚の出来物

カウンセリング

いぼの除去方法

医療機関でいぼの治療を行う場合には、レザーでの除去、液体窒素での除去、内服薬での除去の3つの方法があります。レーザーを照射して、いぼを丸々除去する方法が一般的とされています。いぼの大きさや状態に合わせてレーザーのレベルを調整し、肌にほとんど影響が出ないように治療は行われます。照射部位からの出血は少なく、痛みも殆ど感じずにいぼを除去することが可能です。レーザーでの除去では、いぼをピンポイントで取り除ける為に傷跡がほとんど残らず、再発しにくいという点がメリットと言えます。ただし治療を行う病院によって、1mmあたり2000〜5000円ほどと費用に大変差があります。費用が気になる方は、事前に治療を受ける病院に費用の確認をしておいた方が良いでしょう。次に液体窒素での除去方法が、マイナス196°Cの液体窒素で先端を凍らせた綿棒を、いぼに直接押し当て低音火傷状態にして焼き切ってしまう方法です。痛みの程度は個人差が大きく、激しい痛みを感じる人も少なくありません。液体窒素での除去方法は、いぼの根まで完全に除去できるまでに数回の治療を必要とします。治療期間は長くて1年かかることもありますが、液体窒素での治療には保険がきくことが多いので費用を安くおさえることが可能です。

対処方法

いぼの治療に使われる内服薬はヨクイニンまたはハトムギと呼ばれる薬です。ヨクイニンにはたんぱく質やビタミン、カルシウム、鉄分、カリウムなどのいぼの治療に大変効果的な栄養素を多く含んでいるのです。詳しくはいぼを除去する薬ではなく、体の免疫力を高める効果のある薬です。ヨクイニンにより免疫力が向上することで、いぼの原因であるウィルスの働きを徐々に弱めていくといった治療になります。かなり長期的な治療になり、いぼの種類によっては効果が出にくいこともあります。内服薬使用の前にしっかり自身のいぼの状態を専門医に診察してもらった方が良いでしょう。内服薬での除去方法は、痛みを全く伴わない点が最大のメリットと言えます。いぼの治療に置いては病院で専門医への相談、市販薬の使用、民間療法に頼るなど様々な方法が存在します。最も適切な治療法は、やはり専門医への相談です。まず適切な診断により、自身のいぼの種類やタイプを明らかにすることができます。悪性の可能性もあるので早期発見の為にも病院での診断、検査は重要なのです。またタイプが分かることで、適切な治療を選択してもらえます。治療後に万が一トラブルがあっても、病院にかかっていればフォローも安心して任せられます。